2009年01月27日

やっぱりダンスィ

背景を変えてみた(ハゲのイチ押し)


先日、タレ助の保育参観に行ってきました。

本当は外で親子で遊ぶ、という企画(企画?)だったのですが、
天候が悪いため、中で製作をすることに。

節分が近いとのことで、鬼のお面と豆を入れる枡を作る。
(つか、この枡を作るために牛乳パックに包装紙を張るというミッションが出ていた。例に漏れず包装紙探しに悪戦苦闘←学習能力0 orz)


まずは鬼のお面。

牛乳パックを細く切った物に、先生が用意してくれた無地の鬼に思い思いの色と顔を書く。
女の子たちはそれはそれは綺麗に、可愛らしい鬼を完成させていくのだが、
タレ助を含むダンスィたちの作品は、

白目だったり、
鼻毛が生えていたり(たぶん色がはみ出して毛に見える)、
顔の色自体がありえない配色であったり、


と独創性に優れたもの。

それでも先生は、

「わー!じょうずねぇー!」

と棒読みではなく本気で褒める。

先生スゲエよ。
ワタクシには無理。死んでも無理。


続いて枡作り。

包装紙を貼った牛乳パックに、折り紙で作った鬼を貼り付けるのだが、
やはりダンスィはまず先生の説明を聞いていない。

もう終わったはずの鬼のお面をカスタムしたり、
枡を頭に乗せて落として笑い転げたり。

ようやく折り紙に取り掛かると、ひとつ折るたびに

「ろけっとはっしゃー!ぶしゅー!」
「ぎゅいーん!どがーん!ばーん!」


と、折り紙をロケットや飛行機、またヒーローモノの武器に見立て互いを攻撃しあう。



常に戦闘体制



である。

周りのジョスィたちはおとなしく、丁寧に折り紙を折りながらダンスィを生暖かく見守る。

しかしさすが先生。
そんなダンスィたちを叱らず、でも確実に完成へと導き、
しわしわながらも折り紙の鬼は完成。
回収の指示が出ても戦闘をやめないダンスィたちを巧みに集合させ、
なんやかんやと提出させる。
もう、神業の域だ。
やっぱスゲェ。先生スゲェ。
若いのに、できた人たちだよホント。



ハゲもなかなかやらかしてくれてはいるが、なんか、ダンスィのそれは未知の世界ってカンジ。
なんかね、いろいろと破壊力が違う。
体もデカいしね。
タレ助は年少さんの中でも一番デカい。
教室の中にいると頭一個飛び出てる・・・お前はガリバーかと。



そしてワタクシを含めダンスィ母たちは


自分のムスコのバカさ加減


を愚痴り合いながら、平日のファミレスを占拠するのであった。
posted by aki at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 子どもネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。